たかいしクリニック

院長紹介

ごあいさつ

    院長 高石英樹

    私は広島市佐伯区観音地区で生まれ、田畑や雑木林などの自然の中で、野生児のようにすごしていました。人生の転機は、小学生のときに自動車事故にあい、何度も手術を余儀なく受けていくうちに「人生をバックアップできるような医師になりたい」と思うようになってからです。地元の中学・高校を卒業後、宮崎医科大学に進学し医師となりました。

    広島大学病院、国立病院機構呉医療センターなどで消化器内科医として研鑽を積んだ後、大学院で研究に身を投じ肝がんに関する研究で学位取得しました。その後、ウイルス肝炎財団リサーチレジデントとして肝炎ウイルスの新たな検査治療の可能性を追い求めました。研究生活は、患者様の診療には一見役に立たないようにみられがちですが、患者様の体内で何が起こっているのか、病態を把握する上でとても役にたっています。

    ヒトの体には元来自分で病気を治す力があります。当クリニックではその自然治癒力を引き出し、後押しできるような医療、また通り一遍の診療ではなく、ひとりひとりの病態にあった診療を行うことを目指しています。
    「地域のみなさまから信頼されるかかりつけ医」を目指し、精一杯頑張りますので宜しくお願いいたします。

経 歴

    院長略歴
     宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)卒業

     広島大学医学部大学院終了

    これまでの主な勤務先
     広島大学医学部付属病院内科研修医

     国立呉病院(現国立病院機構呉医療センター)消化器内科

     広島大学医学部第一内科(現分子病態制御内科学)医員

     財団法人ウイルス肝炎財団研究レジデント

所属学会・専門医

     医学博士

     日本内科学会認定内科医

     日本消化器内視鏡学会認定医

     日本消化器病学認定医

     日本医師会認定産業医

     日本肝臓学会会員 

     日本癌学会会員

 

ページトップへ